PRODUCTS 製品案内 建材

HOME > 建材 > セラミック材 > 繊維補強 超軽量コンクリート カナクリート

繊維補強 超軽量コンクリート カナクリート

繊維補強 超軽量コンクリート カナクリートのメイン画像

繊維補強 超軽量コンクリート カナクリート とは

カナクリートは、繊維補強 超軽量コンクリートで、
特殊繊維を配合する事により「無筋構造」を実現した軽量セラミック材です。
通常のコンクリートに比べ、軽量であるにもかかわらず、約1.5倍の曲げ強度と約2倍の圧縮強度を有し、かつ断熱性、耐火性にも優れています。
カナフレックスでは、その特性を生かし、さまざまな製品を開発。
建材、電線共同溝など、様々な分野で活用されています。

【カナクリート製品】
外壁パネル、天然石複合パネル カナストーン、OAフロア、ハンドホール、電線共同溝特殊部、簡易道路、床PC など

強さと軽さを兼ね備えたカナクリート製品は、
施工面で工期の大幅短縮や、コストの大幅削減を可能にします。

補強繊維 超軽量コンクリート カナクリートの特徴画像

超軽量

カナクリートは、従来の鉄筋コンクリートの比重2.4t/㎥に対し、約2分の1という驚異的な軽さです。

高強度

鉄筋コンクリートの約2倍の圧縮強度と約3倍の曲げ強度を実現。

補強繊維 超軽量コンクリート カナクリートの圧縮強度試験画像
補強繊維 超軽量コンクリート カナクリートの曲げ破壊強度試験画像

優れた耐火性

耐火試験認定(建築基準法第二条第七号)を取得

補強繊維 超軽量コンクリート カナクリートの防耐火性能試験画像

優れた断熱性

比重0.35/㎥のカナクリートの場合は、優れた断熱性能を発揮し、熱伝導率、λ=0.054W/m・kを記録

補強繊維 超軽量コンクリート カナクリートの熱伝導率測定結果

長期曲げクリープ試験

長期曲げクリープ試験では、1000時間で変位量がゼロになり、以降は安定した状態を保ちました。
その安定性を示すクリープ係数は 1.5 で、コンクリートの 2.0 と比較して、優れた安定性を示しました。

補強繊維 超軽量コンクリート カナクリートの長期曲げクリープ試験結果

屋外暴露試験

およそ11000時間の野外暴露試験では、その表面に、ほとんど変化は見られず、初期状態を保ちました。

補強繊維 超軽量コンクリート カナクリートの屋外暴露試験の画像

繊維補強 超軽量コンクリート カナクリートについての説明動画


CATEGORY

SPECIAL MOVIE

カナレックスML落砂試験

VIEW MORE

SPECIAL MOVIE

カナフレックス ショールーム

VIEW MORE

CONTACT

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせはこちらから

VIEW MORE
Copyright © Kanaflex Corporation Co.,ltd